妊娠中の便秘に青汁がいい3つの理由

なぜ妊娠中は便秘に悩む妊婦さんが多いのか?

妊娠したら便秘になったという方はたくさんいます。

便秘になると「便が何日も出ない」「トイレに入っても便が硬くてなかなか出ない」「便通がなくイライラする」などの症状が現れます。

便秘は大腸ガンの原因ともいわれていますし、腹膜炎や子宮筋腫などの病気を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

妊娠中に、便秘に悩む妊婦さんが多い原因のひとつはホルモンにあります。

妊娠すると「黄体ホルモン」という女性ホルモンの一種が活発に働きます。

なので、妊娠したとたん便秘に悩まされる妊婦さんも多いのです。

妊娠のときに必要なホルモンで妊娠中期には胎盤からも分泌されます。

その「黄体ホルモン」が、腸の運動を阻害してしまい、便秘が発生しやすい状態になるのです。

また、妊娠後半の6ヶ月くらいになるとお腹が大きくなることで腸を圧迫し、さらに便秘になりやすくなるのです。

妊娠の時は安易な便秘薬の服用はやめましょう

妊娠中は安易な薬の服用は慎むべきです。やっばり副作用が心配です。

お腹の赤ちゃんに影響がでてしまっては大変です。

できることなら、薬を飲まないで便秘を解消したいものです。

そんな妊婦さんの悩みに応えられるのが、青汁です。

青汁は健康食品であり、薬ではないので副作用の心配もなく、安心して服用ことができます。

青汁が妊娠中の便秘にいい3つの理由を確認してみましょう。

妊娠中の便秘に青汁がいい理由@ 水分が適量摂れる

妊娠中の便秘の解消法のひとつに水分の補給があげられます。

専門医の話でも、コップ一杯の水を飲むことで便が水分を含み、移動しやすい固さになります。

さらに含んだ水分で便の容積が増し、腸に刺激を与えることで便意を起こします。

特に朝一杯の水分は胃腸を刺激し、便に届きやすい状態にあるので特に重要視したいものです。

青汁は飲むたびに水分が補給されるので、便の固さをゆるくし便通をよくする働きをします。

妊娠中の便秘に青汁がいい理由A 食物繊維が豊富

便秘の解消法のひとつとして、食物繊維の多い食品を積極的に食べることが挙げられます。

食物繊維の大半は消化されずにそのまま腸まで届き、便の量を増やしたり、善玉菌のエサとして腸内環境を改善するなど、便通をよくする働きがあります。

食物繊維を多く含む食品として、大豆等の豆類や玄米等の穀類、ごぼう等の野菜に多く含まれています。

しかし、一日に食べられる量は決まっているでしょうし、そんなに多くの野菜ばかり食べることはできません。

青汁には食物繊維がたっぷり7g程度含まれています。これはセロリ7本分に相当する量です。

ですが、食物繊維を摂りすぎると下痢などの原因になりますので注意しましょう。

妊娠中の便秘に青汁がいい理由A 必要な栄養素が手軽にとれる

成人の一日に必要な野菜の摂取量は約350gと言われています。

その中でも妊婦さんが積極的にとりたい栄養素といわれているのが、鉄分・カルシウム・葉酸・ビタミンCです。

それぞれつぎのような働きがあります。

鉄分 ・・・ 貧血予防、血液の材料となります。

カルシウム ・・・ 骨や歯をつくる素になります。

葉酸 ・・・ 胎児の神経系・脳の発達に大切な役割をもちます。貧血防止にも。

ビタミンC ・・・ 免疫力を高め、ストレスを和らげる効果があります。また鉄分の吸収を助ける役割も。

こうした栄養素を個々にとるのはたいへんです。

こうした妊婦さんに必要な栄養素のほかにも、βカロチンやミネラルなども一杯の青汁で簡単・手軽にとることができるのです。

青汁を飲んだ妊婦さんのクチコミ

妊娠中に青汁を飲んだ人のクチコミを集めてみました。

つわりが落ち着いた頃から出産まで毎日青汁をのみ続けました。
味は・・・、すごいおいしいとは言いがたいですが、便秘には間違いなく効きます!

わたしの場合、あまり効果がなかったのでやめました。お医者さんで便秘薬を処方してもらってました。
やっぱり青臭さ(ニオイ・味 共に)が気になってしまい、妊婦の身体に良いものとは言え、毎日続けるのは難しい気もしました。

妊娠8ヶ月の初妊婦です。
私は、毎朝牛乳に混ぜて青汁を飲んでます。妊娠中青汁を飲んでも問題ないと聞き飲んでいます。ただ青汁はお腹を冷やしやすいらしく1日1回〜2回を限度に飲むようにしたほうがいいです。
妊娠中に便秘に悩まされた妊婦さんには青汁を飲むことで便秘が治った方も多いようです。

今妊娠4週なんですが青汁と葉酸のサプリメントの両方飲んでます。
妊娠中は良く便秘になるって聞きますがわたしは青汁のおかげで便秘知らずです。葉酸は妊娠初期にはとったほうがよいサプリですし。

個人差はあるようですが、青汁をのんで妊娠中の便秘に効果のあった方が多いようです。

ですが、青汁は体を冷やすともいわれていますので、1日1回から2回の容量を守って飲むことが大切です。

どんな青汁を選べばいいのでしょう?

昔から青汁は健康によいとされ、さまざまな商品が販売されています。

現在はちょっとした青汁ブームで、芸能人では女優の菊川 怜や杉本彩さん、森 泉さんなど多くの方が飲んでいます。

体の調子を整えたり、美容と健康を考える方には人気の健康食品です。

しかし、中にはあまり効果のないものも誇大な広告で販売されているものもあるので注意が必要です。

妊婦さんに人気の青汁のランキングを掲載していますので、参考にしていただければ幸いです。

青汁ランキング

モンドセレクション受賞、おいしく飲みやすい青汁1位 

妊娠中の便秘に青汁がいい3つの理由メニュー