ゴーヤの青汁の効能

妊娠中はいろいろな栄養素が必要です。

妊娠するとお腹の赤ちゃんのとお母さん自身の体のために必要な栄養素に変化があります。

特に積極的に摂りたいのが次の4つの栄養素です。

鉄分・・・1日の目安 19.5mg、血液をつくるもとになります。貧血防止にも積極的にとりましょう。

カルシウム・・・1日の目安 600〜700mg、骨や歯を作ります。妊娠中盤以降は赤ちゃんもどんどん取り入れます。

葉酸・・・1日の目安 440μg、赤ちゃんの神経系、脳の発達に大事な栄養素。貧血の防止にも。

ビタミンC・・・1日の目安 110mg、免疫力の増加、ストレスを緩和する役割も。鉄分の吸収も助けます。

このように、妊娠中には特に摂りたい栄養素というのがあります。かといって、これらの栄養素を含んだ食品を食べ続けるのは大変です、。

必要な栄養素を一杯のゴーヤの青汁で摂れるとすれば、かなり便利ではないでしょうか。

ゴーヤの青汁が妊娠中にいい理由

ゴーヤは沖縄特産の野菜ですが、古くは中国やインドでも薬用として使われていた栄養価のたかい野菜です。

暑い時期に活力の素として人気がでてきたゴーヤですが、生活習慣病の予防にも役立つといわれています。

ゴーヤの苦味には血糖値を下げる役割があります。実際、沖縄では血液をサラサラにすると昔から伝えられています。

また、豊富に含まれている食物繊維にはコレステロールの低下・便秘の解消などさまざまな効能があるといわれています。

特に妊婦さんが注目してもらいたいのは、レモン果汁の1.5倍分あるといわれているビタミンCの含有量です。

特に注目したい、ビタミンCとミネラル

前述の通り、ビタミンCは、心身のストレスや疲労回復する働きがあります。

妊娠中は積極的にとりたい栄養素の1つです。

ゴーヤーには、1本につきレモン約2個分、ほうれん草の約2倍に相当する豊富なビタミンCが含まれています。

このほかにもβ-カロチンやビタミンB1、またカリウム、リン、鉄分などミネラル類も豊富にふくんでいます。

このような栄養素を一日、一杯から二杯程度の青汁を飲むことで解消できるのです。

妊娠中にゴーヤの青汁がいいのは、必要な栄養素を簡単に摂取できるからなんです。

ゴーヤをつかっている青汁 ※青汁三昧

テレビCMでおなじみの青汁。人気の高い商品で、8億杯突破の人気青汁

楽天の青汁(ケール)加工食品部門でも250週以上1位を獲得しているダントツの人気青汁。

青汁三昧は主原料に、ミネラルやビタミンがたっぷりのゴーヤ、ケール、大麦若葉を使用。

便秘解消に効果の高い野菜のケールと共に、妊娠中にとりたい栄養素であるビタミンCがたっぷり含まれているゴーヤが使用されているので、妊婦さんにはオススメの青汁。

味は、青汁初心者の方でも美味しく飲める抹茶風味を採用しています。

一袋あたり50円という安さもうれしいが、定期購入コースになると半額の3,000円になるのが人気の理由。

購入は定期コースが価格的にもオススメ。・・解約も可能。

  1箱 3g×60本入り  定期コース 3,000円(税込み) 送料300円〜

<

妊娠中に青汁を飲むポイント

このように青汁は、非常に高い栄養価を示し体の調子を整えたり、便秘や高・低血圧の解消などさまざまな効果が期待できます。

ですが、青汁はあくまで栄養補助食品ということを忘れないでください。

栄養は朝・昼・晩の食事から摂るのが原則基本ですし、栄養価が高いからと青汁だけで食事を抜くようなことは本末転倒です。

なお、栄養があるからと飲みすぎるのもよくありません。

青汁の飲みすぎによる、下痢や腹痛がでることも考えられます。

個人差はありますが、一日、一杯から二杯程度適量を飲めば便秘の解消や体調管理が充分できるはずです。

青汁で体調を整え、ぜひ元気な赤ちゃんを無事に産んでくださいね。

飲みやすい青汁ならコレ

妊娠中の便秘に青汁がいい3つの理由メニュー