妊婦さんに選ばれるおいしい青汁

青汁を選ぶ条件に”おいしい”というのは大切

ひとくちに青汁といっても今はいろいろなメーカーからさまざまな種類の青汁が販売されています。

それぞれに期待する効能も違いますし、原材料も違います。その中で「おいしい」というのは大切なポイントです。

特に妊娠している妊婦さんは青汁は栄養も簡単に摂れて便秘の解消も期待できるのですが、やはり「おいしくない」「苦い」「マズイ」といったことで敬遠されがちです。

やはりおいしくない青汁というのは続けることはできません。青汁は薬ではないので続けることに意義があります。

ここでは妊婦さんに選ばれる「おいしい青汁」のご紹介をしています。

※1位 神仙桑抹茶ゴールド


最近、テレビなどのメディアで特集される「桑の葉」と「緑茶」、「シモン芋の葉と茎」を使った青汁。

青汁とはいってもケールや大麦若葉を使った一般に知られる青汁とは違い、「抹茶」と勘違いされるほどおいしい。

この味は世界でも認められ、2008年のモンドセレクション、国際銘茶品評会でも金賞を受賞しているほど。

初めて青汁を試して見たい方や、いままで色々試したけれど味が合わない、つわりであまり食がすすまないという方にはオススメの一品。

また、全額返金保証もついており初めてでも安心して購入することができる。

 内容量:3g×60包  5,985円(税込み) 送料別※定期購入は送料無料

初めての注文には、さらに10包、専用茶せんマドラー、専用シェイカーがついてきます。

※2位 えがおの青汁


熊本県阿蘇産の大麦若葉を使った青汁で、従来の青汁特有青臭さやドロッとした感じがなくすっきりしていておいしいと味が売り物の青汁。

まだ青汁を飲んだことのない青汁未体験の女性の飲み比べアンケートにおいて、「いちばんおいしい青汁」として選ばれました。

原材料の大麦若葉はポリフェノール、ビタミン、ミネラルがたっぷり含まれています。もちろん食物繊維も多く含まれていて便秘解消の効果も期待できます。

他にも沖縄県与那国島産の「長命草」、高知県産のしょうがを発酵させた「発酵黒しょうが」など、本来からだの元気を保つ効果も期待できるのです。

【約1ヵ月分】3.5g×31袋  3,150円(税込み) 送料300円〜、5,000円以上は送料無料

※3位 青汁三昧


テレビショッピングでおなじみの青汁。人気の高い商品で、2億8000万杯突破の記念キャンペーンも行われている。

味は、青汁初心者の方でも美味しく飲める抹茶風味を採用しています。

青汁三昧は主原料に、ミネラルやビタミンがたっぷりのゴーヤ、ケール、大麦若葉を使用。

便秘解消に効果が期待できる野菜のケールと共に、妊娠中にとりたい栄養素であるビタミンCがたっぷり含まれているゴーヤが使用されているので、妊婦さんにはオススメの青汁。

一袋あたり50円という安さもうれしいが、定期購入コースになると半額の3,000円になるのが人気の理由。

  1箱 3g×60本入り  6,000円(税込み) 送料600円〜

妊娠中の便秘に青汁がいい3つの理由メニュー